ピアノ

ピアノ独奏曲。


ピアニスト古屋かおり氏からの委嘱作品。2009年6月6日に甲府市総合市民会館芸術ホール(甲府市)で行われた同氏のリサイタルにて発表。

2010年 第8回TIAA全日本作曲家コンクールソロ部門審査員特別賞。


制作の直接的なインスピレーションは間接照明のインテリアである。暗い室内で光源が薄らと浮かび上がらせる模様とその周りの闇とのコントラストはしばしばそこが室内である事を忘れさせ、見入れば見入る程より奥行きのある幻想的な空間にいるかのような錯覚を覚える。閉じられた空間にいながら神秘的な世界に旅立つ事が出来るのである。

曲はまず淡々と繰り返される現実的な単音とともに一筋の光が映し出される。それは他の様々な光を伴いながら模様を描きつつ広がりと見せ、闇とともに一度落ち着いた後により幻想的な世界へ聴き手を誘ってゆく。自由な展開を見せながら頂点が訪れると程なく収束し、次第に現実の世界へと帰って行く。そしてそこには一筋の光のみが残るのである。

(古屋かおりピアノリサイタルプログラムノートより)


演奏時間:約9分。



「山本雅一 ピアノ作品集」(マザーアース株式会社)に収録。

出版情報

灯火 (2009)

(2009年古屋かおりピアノリサイタルよりライブ録音)

※音声は圧縮しているので、音質は多少の劣化があります

譜面、音源ともに一部を公開しております。

視聴するにはQuickTime(無料)が必要です。

トップページへTop.html
作品一覧へzuo_pin_ji.html

※YouTubeで視聴出来ます。http://www.youtube.com/watch?v=Zstbf3i1sTE



演奏は古屋かおり氏です。

(2009年古屋かおりピアノリサイタルより)