山本 雅一  略歴


1975年 山梨県甲府市出身。山梨大学教育学部音楽科を経て、2001年に同大学院教育学研究科修了

 

2001年 現代の音楽展2001 オーボエ・フェスタ(日本現代音楽協会 公募入選

2004年 第28回 ピティナ・ピアノコンペティション新曲課題曲作曲賞(E級課題曲として採用)

2005年 Contemporary Computer Music Concert 2005(音と音楽・創作工房116)公募入選

 〃  第29回 ピティナ・ピアノコンペティション新曲課題曲作曲賞(特級課題曲として採用)

2008年 第32回 ピティナ・ピアノコンペティション新曲課題曲作曲賞(特級課題曲として採用)

2010年 第8回 TIAA全日本作曲家コンクール 審査員特別賞

 〃  第15回 東京国際室内楽作曲コンクール (国際芸術連盟)入選

2011年 第18回 日本歌曲振興会 日本歌曲コンクール 作曲部門 優秀賞

 〃  奏楽堂日本歌曲コンクール第18回作曲部門 中田喜直賞の部 入選

2012年 21世紀の吹奏楽 第15回”響宴” 公募入選

 〃  奏楽堂日本歌曲コンクール第19回作曲部門 一般の部 第一位、中田喜直賞の部 入選

2015年 第26回朝日作曲賞入選(2016年度吹奏楽コンクール課題曲として採用)

2016年 21世紀の吹奏楽 第19回”響宴” 公募入選


作曲を藤原嘉文氏に師事。電子音響を成田和子、吉原太郎の各氏に指導を受ける。

2012年に歌曲による初の作品個展を開く。

2014年にCD「タケミツ・ソングス」をリリース。(ソプラノ:川口聖加、ピアノ・編曲:山本雅一)

2015年に初のピアノ曲集をマザーアース株式会社より刊行。

 

現在

日本作曲家協議会(JFC)会員

社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ/PTNA)正会員

日本電子音楽協会会員

他会員。

その他、YAMAHAグレード5,4,3級試験官、ピティナ・ピアノコンペティション審査員等、後進の指導にも務める。

山梨県在住。




[主要作品](全作品リストはこちら

スペインの市場で 吹奏楽  (2015、 第26回朝日作曲賞入選、2016年度全日本吹奏楽コンクール課題曲)

谷川俊太郎の詩による2つの歌曲『見る』『ピアノ』 独唱とピアノ (2012、 奏楽堂日本歌曲コンクール第19回作曲部門(一般の部)第一位)

みどりの窓  独唱とピアノ (2012、 奏楽堂日本歌曲コンクール第19回作曲部門(中田喜直賞の部)入選)

Forestscape 吹奏楽  (2011、 21世紀の吹奏楽 第15回”響宴” 公募入選)

雪が降れば 独唱とピアノ (2011、日本歌曲振興会 第18回 日本歌曲コンクール 優秀賞)

しあわせなねむりが おまえのまぶたに キスをする 独唱とピアノ (2011、 奏楽堂日本歌曲コンクール第18回作曲部門(中田喜直賞の部)入選)

紫陽花 弦楽四重奏 (2010、第15回東京国際室内楽作曲コンクール(国際芸術連盟)入選)

灯火 ピアノ独奏 (2009、古屋かおり氏委嘱作品、第8回 TIAA全日本作曲家コンクール審査員特別賞)

Mindscape  電子音響 (2005、Contemporary Computer Music Concert 2005(音と音楽・創作工房116)公募入選)

Pandora ピアノ独奏 (2004/カワイ出版、2005年度ピティナ・ピアノコンペティション特級課題曲)

PRIME  オーボエとクラリネットのための (2000、現代の音楽展2001「オーボエ・フェスタ」(現代音楽協会)公募入選)

組曲「ピアノのために」(1998/曲集より「Prelude」(ミュッセ)が 2004年度ピティナ・ピアノコンペティションE級課題曲、「Silhouette」(カワイ出版)が 2008年度特級課題曲)

 
Biography

作曲が専門。学生時代より対外的に作品発表を始める。(これまでの作品の一部は下に載せてあります。試聴も出来ます)

 

仕事は作曲や編曲をしたり、ピアノを演奏したり教えたり。

 

居住地は山梨。生まれも育ちも山梨。

 

公式なプロフィールはあちら。